給茶機レンタル・価格比較サイト

コーヒーを飲むと
痛風発症リスクが半分に下がる!?

1日5~6杯のコーヒーで痛風発症リスクが下がったという研究データ

コーヒーと痛風東京女子医科大学付属・膠原病リウマチ痛風センターの谷口敦夫教授によると、1日6杯コーヒーを飲むと、痛風の発症リスクが半分になることがわかったそうです。

基本的に食後にコーヒーを飲むことで尿酸値が下がり、結果的に痛風の発症リスクが下がるとのこと。

お茶や紅茶には痛風発症リスク軽減の効果はなかった

コーヒーというとカフェインによって尿酸値が下がったのかと思われがちですが、今回の研究ではコーヒーと同様にカフェインが含まれているお茶や紅茶では効果が出なかったそうで、コーヒーのカフェイン以外の成分によって尿酸値が下がったと考えられています。

現在もコーヒーの何が尿酸値を下げたのか、東京女子医科大学付属・膠原病リウマチ痛風センターの研究は続くと思われます。

食後にコーヒーを1杯飲む習慣をつけましょう

食後にコーヒー東京女子医科大学付属・膠原病リウマチ痛風センターの研究により、痛風の予防にもなる食後のコーヒー。

実は食後にコーヒーを飲むことで血糖値の上昇を抑える働きがあることがわかっています。毎食後コーヒーを1杯飲む習慣をつけるだけで、生活習慣病の予防が可能になるというわけですね。

ちなみにおやつを食べるときもコーヒーを一緒に飲むと血糖値の上昇を抑えるとのことなので効果的だと思います。

毎日4~5杯コーヒーを飲む習慣をつけておくと、痛風も生活習慣病も抑えられる可能性がありお薦めです。ただし砂糖たっぷりのコーヒーは飲みすぎないようにしてくださいね。