給茶機レンタル・価格比較サイト

給茶機の排水は排水口直結orタンクに貯める

給茶機の排水とは

給茶機には排水が絶対に欠かせません。

普段給茶機を使用していて、カップにコーヒーやお茶などが出てきたものの、そこでカップを倒してしまったときは、給茶機の受け皿から給茶機の内部に入り排水されます。また飲みきれなかった飲み物を少し受け皿に捨てる人もいます。この場合も給茶機内部に入り排水されます。

また定期的に給茶機内部を洗浄する自動機能があり、その際は洗浄用リンスを使って内部を自動的に掃除します。そのときに出る排水もあります。

排水溝直結

給茶機を排水口に直結することが可能です。排水口にそのまま内部の不要な水分が出ていくので基本的にメンテナンスは不要です。しかし給茶機設置場所の近くに排水口がないと不可能です。給湯室や厨房などには排水口直結の給茶機を導入できる可能性が高いでしょう。

排水タンク

多くの場合は給茶機内部に排水タンクが設置されています。排水は最終的に排水タンクに流れ落ちていきます。定期的に溜まったら排水タンクを取り出して排水を捨てる必要があります。

排水タンクがあるおかげで、排水口がない室内でもどこにでも電源さえ確保できれば設置できるのが給茶機の良いところです。例えば待合室やオフィスなど設置場所を選びません。

排水タンクの容量を超える排水になってしまいこぼれことはありません。一定の水位になると自動的に給茶機が動作しなくなるため排水を捨て忘れた場合は給茶機が作動しなくなります。排水を捨てるとまた給茶機は動き出します。

給茶機の設置場所は自由度が高い

これでわかる通り、給茶機は基本的にどこにでも設置ができる自由度の高さがあります。それでいてコーヒー、緑茶などをすぐに抽出するので人数の多いオフィスなどでも待たずにすぐ飲めます。

設置場所や排水、給水について不安があれば、専門スタッフが現地を調査し、どのような設置方法がベストかご提案致します。