給茶機レンタル・価格比較サイト

良い睡眠のためにコーヒーは
夕方以降は飲まないように

カフェインによる覚醒してしまい熟睡できない場合がある

コーヒーと痛風カフェインは眠気覚ましに使われることは多くの方ご存知でしょう。眠くなったときにコーヒーを飲む方も多いはずです。逆に寝る前にコーヒーを飲んでしまうとカフェインの覚醒作用によって眠れなくなってしまうことも。

一方で、寝る直前にコーヒーを飲んでもすぐ眠れる人もいますし、眠りが浅いとは感じない、起床後も特に眠気を引きずらない、そんな人たちもいます。しかし脳ではカフェインがしっかり作用しており、自覚はなくても脳は休まらないため熟睡は出来ていません。

睡眠の質を高めるためには寝る前のコーヒーどころか、夕方以降はコーヒーを含むカフェインの入った飲み物は控えるべきなのです。

カフェインの半減期は5時間程度

食後にコーヒー摂取したカフェインは体ずっと蓄積することはなく、徐々に減っていきます。摂取量の半分にまで減る「半減期」は5時間程度とされています。コーヒーを飲んで5時間はカフェインの作用が持続するということです。

そのためより質の高い睡眠のためには、就寝時間の5時間前にはコーヒーを飲むのをやめたほうが良いです。23時に寝る場合は18時以降はコーヒーを飲まないようにしましょう。

このように考えると夕食後のコーヒーや緑茶などはリラックスできる時間でもありますが、一方で熟睡を意識するのであれば本来は飲まないほうが良いと言えるのです。