給茶機レンタル・価格比較サイト

給茶機が故障したかもしれないときの対処方法

マニュアルのチェック

給茶機には買い取り・リース・レンタルに関わらずマニュアルがついているはずなのでまずはQ&Aなどを確認しましょう。
そこに書いてあるものは、「電源が抜けていないか」「給水できているか」「粉末原料の詰まりはないか」など基本的なものですが、全てをチェックしてください。

給茶機メーカーへの問い合わせ

何をしても給茶機が故障しているようだ、となったら給茶機メーカーへ電話で問い合わせをしてください。症状をもとに改善策を試してもらうこともありますが、直接給茶機を見て状況を確認しに伺うこともあります。

長期的に使用しているとトラブルが起きやすくなる

給茶機が動かない、動作がおかしいといったトラブルは電子部分の故障や不具合から、物理的な部品の破損や湿気による原料の固形化やゴミなどによる動作不良など色々考えられます。

給茶機は温度管理や全体動作、水位管理や原料抽出部分、その他多くの箇所でさまざまな動きをしている精密機械なので故障が始まると修理業者はてんてこ舞いになってしまうほど。なので耐用年数を過ぎたリース型の給茶機を使っていると頻繁に故障して修理してもらって、を繰り返す例が珍しくありません。

有名メーカーなら給茶機はかなり持つことが多い

有名なメーカーの給茶機の場合1~2年ですぐ壊れることはなく数年~10年は普通に動くように作られています。以前は東芝、現在はそれを引き継いだ凰商事による給茶機は長く使えると評判であり、弊社でもその最新の給茶機をレンタルとして採用しています。

故障を未然に防ぐ対応を毎月訪問して実施

三盛の給茶機レンタルサービスでは、毎月訪問時の点検によって故障トラブルを未然に防ぐよう異常がないか点検・報告しています。急な故障が発生した場合も営業担当者が素早く対応に伺います。

給茶機本体を置いておけばそれで終わり、ではなく給茶機というインフラサービスを提供していると考え、アフターケアにこだわりを持って営業しております。

日々安心して使える給茶機を万全のアフターサービスを含めてご検討ください。

今お使いの給茶機で点検や部品交換等を行っていない古いものから三盛の最新給茶機に乗り換えることも可能です。

とっくに耐用年数を過ぎてしまった古いリースの給茶機から、弊社最新の給茶機にレンタルで切り替えるお客様がとても増えています。
お気軽にお問い合わせください。