給茶機レンタル・価格比較サイト

給茶機のレギュラーコーヒーと
インスタントコーヒーの違い

インスタントコーヒーとは

インスタントコーヒーとは、水やお湯に粉末状の原料を溶かすだけでそのまま飲めるコーヒーのことです。

一度コーヒーの状態にしたものを水分を取り除き粉末にしてあるため、すぐ飲める状態になっています。水やお湯に溶けてしまうのでゴミが出ません。

一度コーヒー上にしているため風味がレギュラーコーヒーに比べると劣ってしまいすが粉末原料が非常に安いのが特徴です。

レギュラーコーヒーとは

レギュラーコーヒーとは、コーヒー豆を焙煎して挽いたもので、これを水やお湯にとかしては飲みません。

粉末状のレギュラーコーヒーをドリップさせてコーヒーを一から入れるため香りや味が優れています。ただしインスタントコーヒーに比べるとやや高く、ドリップ後の粉がゴミとして残ります。(乾燥させると消臭効果があります。)

一般的に溶かして飲むインスタントコーヒー以外のものを大きく分類してレギュラーコーヒーと言います。

給茶機でどちらを選ぶ?

給茶機のコーヒーは溶かして飲める安いレギュラーコーヒーがメインですが、美味しいインスタントコーヒーも用意されています。

レギュラーコーヒーは専用の給茶機が必要

しかし給茶機本体がレギュラーコーヒーに対応していないと、レギュラーコーヒーを利用することはできません。最初にすべて粉末茶、粉末コーヒーの専用給茶機を選んでしまっているとそこでレギュラーコーヒーは使えないので注意してください。

専用給茶機ならレギュラーコーヒーもインスタントコーヒーも同時に飲める

レギュラーコーヒーが飲めるタイプの給茶機でも当然安い粉末茶や粉末インスタントコーヒーも同時に利用できますので、美味しい味・香りのコーヒーを楽しみたい場合は、最初からレギュラーコーヒーが飲めるタイプの給茶機を選んでください。

そうすればいつもは安いインスタントコーヒーを利用し、美味しいコーヒーが飲みたくなったときはレギュラーコーヒーを利用する、ということが可能です。特に来客時にそれなりのものを出したい場合はレギュラーコーヒーが入れられると便利です。

粉末のインスタントコーヒーでも美味さを追求した原料もある

最近の技術進歩はめざましく、溶けるインスタントコーヒーなのにレギュラーコーヒーに近い味わいを実現したものも開発されています。インスタントコーヒーの雑味を減らし瞬間ドライによって香りを逃さず粉末状にしています。

粉末専用の給茶機とレギュラーコーヒーも飲める給茶機、そしてそれぞれのコーヒーの味わいなど、気になることがあればお気軽にお問い合わせください。